備忘録として残しておきます。どこかで誰かのためになるWebのTIPS・ノウハウ備忘録
   
           

WordPress 逆引き関数・タグまとめ 投稿編

  • 投稿日/更新日
  1. home
  2. WordPress
WordPress 逆引き関数・タグまとめ 投稿編

逆引き辞典メモです。

WordPressの関数には「取得」と「表示」があり、パラメーターによってどちらにも使うことができるものもあります。「表示」とは、echoやprint_rなどの出力関数を必要とせずとも出力されるもの、「取得」は変数などに値や配列として引き渡すことができるもの(つまり表示にはechoなどが必要)です。

投稿のタイトルを表示・取得したい

//表示
the_title();

//取得
the_title('','',false);

//取得
get_the_title( ); 

the_titleの第一引数、第二引数の指定では取得した文字の前後に付与できます。

投稿の日時を表示・取得したい

投稿日の日付を取得する関数はたくさんあります。日付用や時間用などが用意されてますが、日付形式を指定すると任意の日付で取得できます。

//取得
get_the_date('Y年m月d日 H:i:s');
get_the_time('Y年m月d日 H:i:s');
get_post_time('Y年m月d日 H:i:s');

//表示
the_time('Y年m月d日 H:i:s');
the_date('Y年m月d日 H:i:s');

//出力結果はすべて同じ
2022年06月07日 22:20:52

日付形式はPHPの仕様に則ります。ルールはドキュメントを御覧ください。

更新日

//取得
get_the_modified_date('Y年m月d日 H:i:s');
get_post_modified_time('Y年m月d日 H:i:s');


//出力結果
2022年06月09日 09:45:37

ISO8601形式

//取得
get_post_modified_time('c', false);

//出力結果
2022-06-09T09:45:37+09:00

構造化データのdatePublishedやdateModified、timeタグのdatetime属性で使うISO 8601の日付書式は、日付フォーマットのcを使うと便利です。

グローバル変数

//取得
$currentday;
//出力結果
09.06.22

//取得
$currentmonth;
//出力結果
06

グローバル変数もありますが、使い所がいまいちありません。

投稿内容を表示したい

//表示
the_content()

投稿の概要

//表示
the_excerpt
//出力結果
<p>WordPressの投稿ページで使用できる関数・タグを逆引き辞典的にまとめています。全部は網羅してません。</p>

//取得
get_the_excerpt()
//出力結果
WordPressの投稿ページで使用できる関数・タグを逆引き辞典的にまとめています。全部は網羅してません。

ther_excerptではPタグが付与されます。

投稿のURLを表示・取得したい

//表示
the_permalink()

//取得
get_permalink();

//出力結果
https://webtech.fukushimaku.jp/kiji/wordpress-lookup-post.html

アイキャッチ画像・メイン画像のURLを表示・取得したい

//取得
get_the_post_thumbnail_url();
//出力結果
https://webtech.fukushimaku.jp/i/2022/06/ogp.png

//表示
the_post_thumbnail_url()
//出力結果
https://webtech.fukushimaku.jp/i/2022/06/ogp.png

//表示
the_post_thumbnail( 'post-image' );
//出力結果
<img width="1200" height="680" src="https://webtech.fukushimaku.jp/i/2022/06/ogp.png" class="attachment-post-image size-post-image wp-post-image" alt="" loading="lazy" srcset="https://webtech.fukushimaku.jp/i/2022/06/ogp.png 1200w, https://webtech.fukushimaku.jp/i/2022/06/ogp-300x170.png 300w, https://webtech.fukushimaku.jp/i/2022/06/ogp-1024x580.png 1024w, https://webtech.fukushimaku.jp/i/2022/06/ogp-768x435.png 768w" sizes="(max-width: 1200px) 100vw, 1200px" />

投稿のID

the_ID();

投稿の全情報を取得したい

//取得
$post -> プロパティ名;

$postにはさまざまな情報が登録されており、取得するにはアロー関数を用いてプロパティ名を指定します。どんなプロパティがあるかは下の出力内容(print_r($post))を参考にしてみてください。たとえばタイトルなら、$post ->post_title となります。

WP_Post Object
    (
    [ID] => 315
    [post_author] => 1
    [post_date] => 2022 - 06 - 09 13: 26: 52
    [post_date_gmt] => 2022 - 06 - 09 04: 26: 52
    [post_content] => ポストの内容
    [post_title] => WordPress 逆引き関数・タグまとめ 投稿編
    [post_excerpt] => WordPressの投稿ページで使用できる関数・タグを逆引き辞典的にまとめています。全部は網羅してません。
    [post_status] => publish
    [comment_status] => closed
    [ping_status] => closed
    [post_password] => 
    [post_name] => wordpress-lookup-post
    [to_ping] => 
    [pinged] => 
    [post_modified] => 2022-06-25 10:36:24
    [post_modified_gmt] => 2022-06-25 01:36:24
    [post_content_filtered] => 
    [post_parent] => 0
    [guid] => https://webtech.fukushimaku.jp/?p=315
    [menu_order] => 0
    [post_type] => post
    [post_mime_type] => 
    [comment_count] => 0
    [filter] => raw
)

次の記事・前の記事

get_previous_postget_next_postが利用できます。

$prev_post = get_previous_post();
$next_post = get_next_post();

if ( ! empty( $prev_post ) ) : ?>
<a href="<?php the_permalink( $prev_post->ID ); ?>">					
 <p>古い記事</p>
</a>
<?php 
endif;

if ( ! empty( $next_post ) ) : ?>
<a href="<?php the_permalink( $next_post->ID ); ?>">
 <span class="fa fw fa-angle-left"></span>
</a>
<?php endif; ?>

パラメーターでは同一カテゴリの次の記事・前の記事といったこともできるようです。

備忘録として残しておきます。

関連記事